被験者への上市後情報提供を支援

マーケティング戦略支援

治験参加者の多くが、自分が協力した治験薬が発売されたかどうかを知りたいと思っていながら、現在知るすべが無い状況です。こうした課題に対し、当社は独自のIT技術を用いて治験参加者への情報提供を支援いたします。本取り組みが治験の社会的認知度向上を促し、多くの患者様に治験参加いただく事で、より効率的な新薬開発につながっていくと当社は考えています。
また治験に参加された患者様は、治験参加を希望されている方からするとほんの一部です。コンタクトセンターでのスクリーニング段階で脱落された方などを含めるとその10~20倍の方々にご協力いただいております。コンタクトセンターでのやり取りを通じて集まった定性・定量情報は「患者様の声」として、上市後のマーケティング戦略に活用していく上で、貴重な情報となります。